厳選!不動産売却の検討に便利なサイト5選

厳選!不動産売却の検討に便利なサイト5選

不動産投資は家賃収入を得るだけではなく、不動産を売却し売却益を得ることも大事な出口戦略のひとつです。

不動産売却を不動産の価格市場によって決めたい場合もあれば、大きな資金が必要になったので現金化したい、老人ホームに入る際の入居金にしたいなど不動産売却をしたいタイミングはそれぞれあるでしょう。まず不動産売却時のメリットデメリットを把握しておくことは大切です。その上で不動産売却の検討にする際に便利なサイトを5選紹介します。

不動産売却時のメリットとデメリットを把握する

高額で大切な資産である土地や建物の売却をする時は、色々な不動産会社に問い合わせて相談した方がいいのか、どの不動産会社に依頼しても変わりはないのかと売却を依頼する不動産会社を選ぶだけでも時間と手間がかかるイメージもあるようです。不動産を売却する際にはメリットとデメリットがあることも知っておきましょう。

メリット

「不動産会社に任せる」
不動産を売却する際は、価格査定と売り出すための価格の決定から、そのための物件調査を不動産会社へ依頼することができます。また、売却するための営業や購入希望者への説明、契約時から引き渡し時の手続きまで不動産売却の全般をサポートしてくれます。このほか、法律や税金面の専門的分野についてもアドバイスをもらえます。不動産の売却で重要なのは、信頼できる不動産会社を選ぶことです。不動産会社の特徴や免許番号や宅地建物取引業者名簿などの基本的な情報を確認しておくと安心です。

「媒介契約を結ぶ」
不動産を売却する時には、不動産会社へ「媒介契約」を結びます。売却したい時期や希望価格および売却活動の方法など不動産会社に依頼することができます。媒介契約の形態は「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3種類です。どの種類の媒介契約を選択するのかを自分で決めます。それぞれの特長があります。

「専属専任媒介契約」は売却活動を1社に任せる契約です。「専任媒介契約」は専属専任媒介契約との違いは自分で見つけてきた買主については不動産会社を通さなくても契約ができます。

「一般媒介契約」は複数の不動産会社に同時に仲介を依頼することができ、自分で見つけてきた買主についても不動産会社を通さなくても契約できます。「専属専任媒介契約」と「専任媒介契約」は1社との契約になりますが、不動産会社にとっても安定的な依頼になるので販売活動に注力してくれます。「一般媒介契約」であれば、複数社に依頼できるというメリットはある一方、複数社への依頼となるためそれぞれの不動産会社と希薄になるおそれもあります。

デメリット

「仲介手数料がかる」
不動産の売買契約が成立すると、不動産会社に仲介手数料を支払わなければなりません。一般的には売買契約の締結時に仲介手数料の50%を支払い、引き渡し完了時に残りの50%を支払うことが望ましいとされています。仲介手数料には上限額があります。取引額が400万円を超えるのであれば取引額の「3%+6万円+消費税」が仲介手数料として不動産会社は請求できることになっています。仮に売買価格4000万円の物件の仲介手数料の上限は、4000万円×3%+6万円=126万円+消費税となります。

オススメの売却シミュレーションサイト5選

不動産の売却価格はどの不動産会社にお願いしても査定価格が同額というわけではありません。査定した不動産会社により価格の差はあります。また売却を依頼する不動産会社を選定するにあたり手当り次第連絡をして不動産価格を訪問査定してもらうのは大変なものです。

そこで、売却シミュレーションサイトを利用すれば無料で一括査定ができます。氏名、連絡先、売却したい物件や土地の情報(所在地や専有面積など)などを入力すれば簡易査定ができ数社の査定価格を比較することができます。簡易査定をすることで、売却したい不動産はどれぐらいの価格で売却できそうなのか相場がわかります。

査定結果から実際に訪問査定をしてもらう不動産会社を3社ほどに絞り、売却を依頼する不動産会社を選んでいけば時間と手間が省けます。また、数社の査定結果をみれば不動産会社ごとに査定価格に差があるのかどうかの参考にもなります。オススメのシミュレーションサイトを5社選定してご紹介します。(各社HPを参考)

1「HOME4U」(550社から選定)

日本初日本最大級の不動産一括査定サイトです。売却査定数は20万件(2016年12月現在)と実績もあり多くの方に支持されています。また、16年間で培われたノウハウにより、厳選した550社の優良企業から実績のある不動産会社のみを選定してくれるので安心して利用できます。
査定を依頼する不動産会社を最大6社まで選べ、査定価格の比較が1回でできます。セキュリティに定評があるNTTグループがサイトの運営をしているので個人情報の管理も安心です。

HOME4U:https://www.home4u.jp/

2「イエイ」(1000以上から選定)

日本最大級の不動産売却専門一括査定サイトです。(2017年2月)1000社から最大6社までを選定し最短60秒で査定価格を比較することができます。時間を短縮して一括査定して比較できるのは忙しい方にはありがたいシステムです。また、「イエローカード制度」は、お客様から評判が悪い、クレ―ムが多い不動産会社は、イエイ側から契約を解除し、悪徳企業を徹底排除する安心なシステムです。さらに不動産会社からの営業に対して断りづらい場合、イエイが代行して不動産会社へ断りの連絡をしてくれる「お断り代行サービス」もあります。

イエイ:https://sell.yeay.jp/

3「イエウール」(1200社以上から選定)

比較的新しいサイトです。全国1400社以上の優良不動産企業から査定依頼先を選択できます。(2017年2月現在)大手不動産査定会社から地域密着型不動産査定会社までさまざまな特徴のある不動産査定会社が掲載されています。60秒のカンタン入力で査定額を徹底比較できます。運営会社がWebマーケティングに強い会社であるだけに、入力画面はシンプルで使い勝手のいいものとなっています。

イエウール:https://ieul.jp/

4「RE-Guide(リガイド)」(約550社より選定)

SBIグループの旧SBIライフリビング株式会社から分社化した会社が運営する11年の実績がある一括査定の老舗サイトです。約60秒の簡単入力で査定ができ、面倒な手続きも不要です。1度の入力で最大10社までの複数会社に一括で査定依頼ができます。初めて不動産売却する人でもわかりやすく学べる、不動産売却コンテンツが充実しているので、サイトを見るだけで不動産売却についての流れが理解できます。

RE-Guide(リガイド):http://www.re-guide.jp/

5「ふじたろう」(1321社から選定)

全国約13万件のマンション相場情報を検索できる日本最大級の不動産相場情報検索サイトです。1300社以上(2017年2月現在)の不動産会社の中から6社選択して査定価格を比較できます。簡単60秒の入力で一括査定ができます。ビッグデータ技術により、マンションの「現在の相場価格」「1年後の予想価格」をその場で算出できる簡単査定でも精度が高いというのが強み。「相場」「取引量」が、色の違いによって一目瞭然なので、気になるエリアの相場が視覚でわかります。

ふじたろう:https://www.fujitaro.com/

売却を依頼する不動産会社の選定ポイント

売却シミュレーションサイトで不動産価格の査定結果が出たら、次に訪問査定(詳細査定)を依頼する不動産会社をどこにするか絞ります。売却シミュレーション上では、不動産情報に基づく簡易査定となります。訪問査定で部屋の老朽具合なども査定した上で査定価格を提示してもらいます。提示された査定価格については、その根拠を十分に確認します。

査定価格の高い不動産会社から選ぶというのもポイントですが、どの不動産会社でも査定価格はほとんど変わらなかったのであれば、不動産会社の担当者と面会して決めたいところです。売却を依頼したらどの様に売却戦略を考えてくれる不動産会社なのか、売却に対する疑問点にしっかり誠実に答えてくれるのかどうか不動産会社の担当者との相性も売却をしていく過程で大切になります。
最終的に売却を依頼する不動産会社が選んだら売却価格を決めます。

まとめ

今回紹介した、売却シミュレーションサイトで数社を一括査定して、査定結果から不動産会社によって査定価格に大きく差があるのか、もしくはほとんど変わらないのかなど売却したい不動産の査定価格がイメージできます。実際の売却価格は、さらに訪問査定してからになりますが、訪問査定してもらう不動産会社を絞りこむための参考になります。大切な資産である不動産は信頼できる不動産会社と出会い、納得がいく売却にしたいものです。

厳選!不動産売却の検討に便利なサイト5選