不動産投資のリスク

不動産投資のリスク

空室リスクについて

投資のために不動産を購入しても、入居者がいなければ賃料収入はありません。これが不動産投資におけるリスクのひとつ「空室リスク」です。実際には固定資産税や管理費などの支出もあり、マイナスとなってしまうでしょう。この「空室リスク」は不動産投資においてどうしてもつきものになってきます。

そのリスクを回避するために販促活動やリフォームなどを行なって、空室となる期間をより短くする必要も出てきます。多くの部屋を保有している場合には、どれくらいの空室、期間でどのような行動を起こすか予め計画することもできます。資産ですからリスクはつきものですが、長期的なアクションプランや収支計画を立てていくことで、このようなリスクにもうまく対応して、利益を生み出すことが可能なのが、不動産投資の魅力なのかもしれません。

資産価値の減少リスクについて

日本の経済が良くなれば、自然と地価は上昇し、資産価値も高まるといわれています。そうなれば、不動産を売却した際の価格も上昇します。逆に景気が悪化している局面では、地価の下落により、資産価値が下がってしまうリスクも不動産投資にはあります。もちろん、このリスク要因の影響を減らすことは可能です。例えば需要のあるエリアの物件であれば地価の下落率は少なくなるでしょう。

土地付きの物件の場合には地価下落による影響をもろに受けてしまいます。もちろん、建物の老朽化による資産価値の低下も発生しますが、リフォーム等の追加投資を行なうことでそのリスクを回避したり小さくすることも可能です。

経済状況などを判断しつつ、売り時を慎重に決めることも不動産投資のリスクと言えるかもしれません。

災害リスクについて

水害、土砂崩れ、地震などの自然災害のほか、火災による建物へのダメージなどは不動産を保有していると考えなければならないリスクです。不動産投資において、この災害リスクにも対策を講じておく必要もあります。

事前にできることとしては、自然災害が起きづらい地域か、影響を受けにくい地域かを契約前に調べておくことがあるでしょう。もちろん、地震の多い日本ですから、地盤や建物の耐震構造などもチェックしておく必要があります。また、多少でも災害リスクがある地域の場合には、保険を活用する方法もあります。また、火災もふくめ、いつ起きるかわからない災害が発生し建物へのダメージが発生した後に補修できる費用を残しておくこともリスク対策と言えるでしょう。